あんどうゆうすけのホームページです。
TOPへ戻る

「あんどうゆうすけ」ピン芸(弾き語り)の
ライブ音源置き場

三十歳も近くになってから、弾き語りでライブをやるようになりました。
作る歌も、数年前に比べてくたびれてきた気がしないでもない(笑)
おじさん、Naruiさんに時々ゲスト演奏してもらったり、楽しくやっとります。

タイトル コメント 作者

ボロボロ初恋談義
@東新宿 AcorsticArt 2006.10.29
バンド「OLD BROWN SHOES」でやっていたダメ男のラブソングを弾き語りで。
「YEAH!」と温かい歓声を頂いた瞬間、戸惑ってギターを間違えました(笑)
詞・曲 あんどうゆうすけ

ごめんね
@小伝馬町Poodle 2006.8.26(ギター:おじさん、ピアニカ:Naruiさん)
28歳の時に作った歌です。この演奏では、手拍子が起こった瞬間、
あまりの温かさに戸惑ってギターを間違えています(笑)
詞・曲 あんどうゆうすけ

夏への手紙
@東新宿 AcorsticArt 2006.10.29(ピアニカ:Naruiさん)
29歳の夏、年甲斐もなくギター持って青春18きっぷで東海道を旅しました。
その時に作った歌です。なにせ、夏が大好きで秋が哀しくて…。

詞・曲 あんどうゆうすけ
手と手つないで @小伝馬町Poodle 2006.8.26(ギター:おじさん、ピアニカ:Naruiさん)
犬が死んだ時に作った歌です。名前は「テツ」でした。
おじさんギターとNaruiさんPianicaに乗せて、鎮魂歌斉唱。

詞・曲 あんどうゆうすけ
少年の物語 @東新宿 AcorsticArt 2006.10.29(ピアニカ:Naruiさん)
25歳の時に作ったポップソングです。弾き語りでやってみたら、やりやすかった。
Naruiさんのピアニカソロと後奏は名演であると思います。

詞・曲 あんどうゆうすけ

以上、ここ最近の曲紹介 & 友達自慢です。
いろいろな友達自慢はこちらです。
リンクはインターネットが生んだ素晴らしい産物のひとつだなぁと思います。 「リンクさせてください」の前に隠れた言葉は、「あなたを尊敬しています」です。


(C)Yusuke Ando